借入をするために

PCカードローンを利用したキャッシングは、手軽に借入れができることで人気が高いです。
基本的に使用用途自由なカードローンは無担保で借入れができます。
カードローンを提供している金融機関は、銀行や消費者金融、信販会社などです。
借入れを行う際には、カードローンの申込みをして審査を受ける必要があります。
申し込み資格は金融機関によって多少異なりますが、20歳以上が一般的です。

正社員や自営業など定職に就いている方、またパートやアルバイトなどで一定の収入がある方も対象です。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですので、専業主婦の方でも配偶者に安定した収入がある場合は借入れが可能です。

申し込み方法は郵送・店頭窓口・自動契約機などがありますが、インターネット申込みが最近の主流となっています。
ホームページから申し込み専用ページに移動し、必要事項を入力し送信します。
審査結果は早いところでは最短30分ほどで回答される場合もあります。
審査に通るとその場で指定口座へ振込依頼もできますし、カード受取後にATMで借入れることもできます。

ATM.ほとんどのカードローンが全国の銀行やコンビニの提携ATMを利用でき、中には手数料無料のカードローンもあります。
返済は口座からの自動引落としのほか、提携ATMからの返済も可能です。
カードローンの審査においては、申込者の返済能力が一番に問われます。
というのもカードローンというのは無担保であるため、利用者の信用のみで貸付を行っているからです。
そこで返済能力に直結するデータとして、まず年収がチェックされます。

また個人信用情報を照会して、現在および過去数年の借入件数や返済状況について確認が行われます。
この段階で度重なる延滞情報があったりブラックリストに載っていれば、審査の通過は難しいと考えられます。
ブラックリストとはさまざまな金融事故のデータが信用情報に載っているものを指します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ